このブログの∞%は妄想で出来ています。 このブログの∞%は∞への愛で出来ています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レポ
2007年05月06日 (日) | 編集 |
こんばんワンツー★

ってな訳で5月5日1部の横アリレポ。
曲順とか誰が何言ったとか恐ろしく合ってません。(え
文章力ないので意思を汲み取るのに苦労すると思います。
しかも滅茶苦茶短いです。
どうでもいいことしか書いてません。

それでも読むって言ってくれる方は(多分居ない)、追記へどうぞvvv笑
1登場
国道八号線を∞がバイクで走ってて警察みたいなのに追われてる設定で、一人一人グラサンかけた特攻服姿がスクリーンに映し出されました。
「渋谷すばるが侵入しました!」って感じで紹介。
ちなみに特攻服の下はMステのズッコケ衣装。
ステージはスモーク出てたかな?

∞はバイクみたいなのに乗って登場ーvvvvvvvv
キミくんが「夜露死苦ー!!!」って叫んでスタートでしたv

2ズッコケ男道
キミくん、最初のカウント(1、2、ってとこ)



間違えやがったー!!(笑)



「12・・・あれ?1,2・・・」
可愛いいいいいいいいいいいいいいい ←

カウント間違いのお陰でウー!の所は揃わなかったけどどうにか曲に入りました(笑)
そんでもって、


皆腰振りすぎ。


生で見ると凄まじいものがありますね ←
最後の「這いつくばってこーぜ」の所とかメンバー同士が・・・うん・・・(何
ちなみに間奏の一列で斜めになる所(分かるかな?)は円になってやってましたv
踊るeighterの息もぴったり合ってて、すっごく綺麗でした・・・v

3関風ファイティング
「謝謝」の所とかeighterが一緒に言ってたりしましたv
「空が晴れたら」と「やぶぅ→れかぶれで」は棒読み的な感じの低音。
すばちゃんの所は何故か「空が晴れたら」でした 笑

4好きやねん、大阪。
すばちゃんの「横浜ーーーーーーー!!!」からスタート。
最初はメンバーそれぞれ散ってたんですが、最後らへんで横一列のMステ隊形に。
亮ちゃんの最後の「好きやねーーーーーん!」は、CDより若干低めでした。

5挨拶
うろ覚えなので一部。
順番バラバラです 汗
たっちょん→最初めっちゃくちゃ噛みまくって自分で笑ってました 笑

やすくん→安「イェーーーーーー!」
     eighter「イェーーーーーー!!」
     安「イェイイェイイェイ!」
     eighter「イェイイェイイェイ!」


     終。
     ちょっと待って挨拶は?って思いました 笑
     でも可愛かったのでいいんです ←


マルちゃん→パーンしようとして構えると、後ろから着替え済み村上様がその手を抑えて制止 笑
      でも、「僕は負けませんよ・・・」って言って結局パーンしました 笑
      最後は「アマース!」でした 笑


ヒナちゃん→「おはようございます!」
      「楽しむ準備できてますか?」
      「盛り上がってけますか?」
      割と質問攻め。(違
      周囲180度に頭下げて挨拶してました 笑


キミくん→「どうも、ズッコケの最初っから間違えて錦戸亮に助けられた横山裕ですけども・・・出来ることをやりたいと思います」
     eighter爆笑。笑
     最後が「ドロン!」で嬉しかったですーvvv


すばちゃん→「昨日の晩御飯は・・・覚えてません」
      ヒナちゃんから「なら言うなや!」って突っ込まれます。
      「昨日の夜は美味しいものをいっぱい頂いたので・・・今日はみんなを美味しく頂きたいと思います


      ああもうeighterを殺す気か。

      ちょっと期待しちゃったじゃん(コラ


亮ちゃん→「僕が、錦戸亮です」
     亮「そう、僕が、錦戸亮です」(めっちゃカッコ良く)
     亮「錦戸亮のこと知ってる人?」
     eighter「はーい!!!(挙手)」
     亮「・・・そりゃそうやんな(笑)」
     若干掠れ気味の声がカッコ良かったです・・・!


6Explosion
挨拶中に着替えたスーツ姿。
亮ちゃん頑張りすぎちゃったのかな?
若干声掠れてたけどカッコ良かったですv(二度目)
eighterが密かに期待していたであろう肌蹴るのは今回はお預けでした。
今回は全然脱がなかったな・・・orz

7ミセテクレ
すばちゃんの「ミセテクレーーーーー!!」でスタート。
腰の動きを間近で見られなかったのは残念です。

8Eden
   
     
  

こんな位置で歌ってたかな?
キミくんはコンガ、ヒナちゃんはキーボードでした。
すばちゃんの「Eden・・・」でスタート。
アコギverっぽかったです。
終わるとeighterから拍手が。

9stereo(亮ちゃんソロ)
「どれくらいのキャパシティで迎えればいい?」って感じの歌詞があったと思います。
ギター持って歌ってました。
「茶色い長い髪」とか歌詞は色々断片的に覚えてるんですが、曖昧です。
ここでも拍手。

10Forward(ヒナちゃんソロ)
ダンスがめっちゃくちゃカッコいい。
そして歌めっちゃ上手い。
激しく踊りながらなのに安定した歌い方で、また惚れ直しました。
「持ってるんでしょ?」とか「黒を白で塗り潰せ!」とか「甘いんじゃない?」とか「きっと僕も出来るんだ」とかの歌詞があった気がします。

11MAGIC WORD ~僕なりの…~(マルちゃんソロ)
ストーリー仕立て。
まず、学校の鐘みたいな音がして(キーンコーンカーンコーンってやつ)、Jr.が出てきます。
何て言ってるかは聞き取りにくかったんですが、その内の一人がいじめられてます。
いじめられてる子がこう叫びます。


『丸山先生ーーーーーーーーーー!!』



そして花道に現れるマルちゃん。
変なマントみたいなのを着てます。
それを見て、いじめてたJr.が呟きます。


『出た・・・』


マル「僕を呼ぶ声が聴こえた・・・」(演技っぽく)

クラシックっぽい音楽(多分運命)に乗ってゆっくりとJr.に近づく丸山先生。
Jr.に話しかけます。
マル「いじめられてたのは、君かい?・・・いじめられて、悲しかっただろう・・・」
そして歌に入ります。

「噂で聞いた話だけど」「元気になれるおまじない」みたいな歌詞の後に、


「右手を高くかざし 前後を確認して」

その歌詞に従うeighter。






「パーーーーーーーーーーーーーーーーーーーンッ!!」


それかああああああああああああああああ!!
サビ部分は「1、2、3 このときめきを」(パーンッ!)←ここはeighterも言いましょう
って感じだったと思います。
いじめてたJr.との和解のためか、何故か遠くにあるでっかい風船に先にタッチしたほうが勝ちという競争をします。
ちなみに風船はピンク。
あ、これ博貴じゃん って思ったeighterさんも少なくないはず。


結果、マルちゃん圧勝。
泣き出したJr.の肩を抱いて歌い続けます。
このストーリー仕立て本当楽しかったので必見ですv


12守りたい(たっちょんソロ)
「守りたい 何を失ってでも」(曖昧です)とか、「抱きしめたいよ」とかの歌詞が入った、バラードな感じです。
椅子に座って静かに歌います。
最初、スクリーンに曲名が出なくて変だなぁと思ったら(他メンバーは出てた)、

最後にカメラに向かって「まもりたい」って指で書きました。

めっちゃくちゃカッコいい演出でしたーvvv

13∞レンジャー
Jr.が踊ったり楽しそうにしている中、おなじみのあらすじ説明?から入って、いつもの流れで歌いだします。
ナスレンジャーが若干やる気無しなのか疲れたのか、踊ったりポーズ決めたりしてません 笑

「横浜来ましたねー」
「いやー、それにしても横浜は平和な所よのう」(何故か昔風)
「中華街とかあるしなー」

とかやり取りした後、

「そういえば、みんな告白ってしたことある?」
「オレンジは?」

話を振られて、めっちゃ笑顔になるオレンジ。

「オレ?あるよ!(笑顔)」
「え、どんなん?」
「ちょおやってみて!」

座り込む(寝転ぶ?)オレンジ。

「トゥルルルルル、トゥルルルルル・・・ガチャッ」(コール音めっちゃ上手い)



あ、電話なんだ。



「あ、もしもし?今大丈夫?
 あんな、ちょっと話したいことあってんけど・・・
 あ、別にええねん!いつでもできる話やから!
 ・・・えー、聞きたいー???笑
 ・・・やっぱええわ明日で!
 え、そんな気になるん?
 でもー・・・出会った時から好きでした!!!



eighterとレンジャーの喝采を受けて嬉しそうに戻っていくオレンジ。

「これで振られました!」



ダメだったんだ。


「え、じゃあイエローは?」
「・・・え、俺?めっちゃ今のと似てんで?」

やっかし座り込むイエロー。

「トゥルルル、トゥルルル・・・あ、電話かかってきた」

やっぱ電話か。


「もしもし?・・・どないしてん?
 え・・・?別れたん・・・?
 何で?どないしたん?
 うん・・・何されたん?
 そうなんや・・・でも、前まで好きやった人やろ?そんな悪く言ったらあかんやん。
 ・・・そんなん言うたら・・・俺、好きやって言うてしまうやん・・・」


「ナチュラルなんや(笑)」
「じゃあ最後・・・グリーンは?」


何故かにっこりしてやっかし座り込むグリーン。


「トゥルルル、トゥルルル・・・もしもしぃ~?(めちゃくちゃ呂律回ってない)
 うん~、今酔っ払ってんねん~ 笑
 彼氏と上手く行ってるん~?
 ・・・え、別れたん・・・?
 ・・・なら、俺んとこ来いや・・・
 え?ちゃう、ホンマは酔っ払ってへんよ・・・?笑」


eighterめちゃくちゃ歓声。笑
グリーンが戻っていくと、突然ブルーが話し始めます。




「あんな・・・俺、みんなに言わなアカンことがあって・・・
 実は俺・・・好きな人が出来ました!!!」



えええええええ!?

「聞いてへんよ!?」
何故か変に手を構えるブラック。

「聞いてへん?笑」
ノリでか何でか知らないけど同じ構えをするブルー。



「しかも・・・もう告白しちゃいました!」

「え・・・それでどうやったん・・・?」

「・・・それが、『返事はちょっと待ってて』言われて・・・返事今日やねん」

「今日!?」

「せやったらはよ行ったり!その子待ってるやろ?」

「うん、ありがとう・・・!じゃあ、明日報告するな!」

駆け出していくブルー。
走り方がめっちゃ可愛い。
見送るレンジャー。
すると、ブラック(かどうかは曖昧)が提案します。

「ブルーだけやと不安やから・・・俺らも行って見守らへん?」

すると、それに答えるかのように腕組みして頬を膨らますレッド。(Heat upにも同じようなの合ったはず)
ブラックも便乗。
ナスレンジャーまで便乗。
オレンジも便乗。
グリーンも便乗。


イエローしぶしぶ便乗。

よく見える位置へと駆け出していくレンジャー達。
そして、ブルーは待ち合わせ場所に着きます。

「ごめん、待った?」

待ってたのはすっごい綺麗な可愛いマネキン
ちょっと安心 笑

女の子「ううん、全然」(めっちゃ声可愛い)

「え、っと・・・今日は、天気ええな」
女の子「そうだね」
「あ・・・えっと・・・あ!UFO飛んでる!!」
女の子「何冗談言ってるの?

結構この子手厳しい。笑
そんでもって黙り込むブルーに、女の子が言います。



「ねえ、




 一発芸やってよ


ハードルの高い要求をする女の子。
相手がオレンジだったなら・・・ 笑
それでも「よし、頑張ろう・・・」って張り切るブルー。健気です。


そして、床に斜めに立つブルー。

「コンパス!!」

どうやったかな・・・?って感じで様子を窺おうとするブルーに、間髪入れず女の子が一言。


本当背ちっちゃいねー

「関係ないやん!!」

素早いツッコミ。笑
そして、再び黙り込むブルー。
見ているレンジャーが「沈黙に包まれてる・・・」等と心配する中、


「なあ、告白の返事やねんけど・・・どうかな・・・?」


女の子「・・・ごめんなさい、好きな人がいるの」


崩れ落ちるブルー。
レンジャーもため息ついたりしてます。

そしたら女の子が、


「でもね・・・その好きな人っていうのは、目の前に居るの!貴方なの!」
「え・・・?」
顔を上げるブルー。


女の子「これからも、よろしくお願いします!!」
「・・・よっしゃーーーーーーー!!」

喜ぶブルー。レンジャーも大喜びです。


トロッコに乗って、ブルーが歌いだします。曲名は分かんないです(汗
「モノクロの散歩道も鮮やかに変わるさ♪」的な歌い出しかと。
途中でマネキンにキスするブルー
羨ましいマネキン・・・!笑
レンジャーはその間、花持って踊ってます。

曲が終わると、レンジャー達が話し出します。

「幸せそうで思わず踊ってしまったな!」
「ホンマ良かったな、ブルー」
「よし、帰るか!みんな、遅刻すんなやー」
皆がはけますが、ブラックは花道を歩いてます。

「あー、ええなーブルー・・・同じレンジャーでこういうのって・・・
呟きながら歩いていると、花道に2つの影が。


Jr.の森本君と、あの女の子です。


森本「お前、男と変なことになってんじゃん」
女の子「あんなの遊びよ遊び、アイツちょっと優しくしてやったらすぐのぼせちゃって」
森本「お前本当に俺のこと好きなの?」
女の子「私が本当に好きなのは貴方なの!!」
森本「ふーん・・・」

「アカン・・・見たらアカンもん見てもーた・・・このこと、どうやってブルーを傷付けないように伝えたらええんやろ・・・?」

(暗転)

翌日。鶏の声で朝が来ます。
それと同時に集まるレンジャー。どんだけ早起きやねん
そして一番遅れてくるブラック。

「遅刻すんな言うたやろ!」
「ごめん・・・ちょっと色々あって・・・」

「あ、そういえば昨日どうやったん?」

答えを知ってるのに聞こうとするレンジャー達 笑

「えー、聞きたい?」
めっちゃ嬉しそうなブルー。

「・・・OKでしたっ!!」

「おー、良かったなー!」
「あんな可愛い子と付き合えるなんて幸せやな!」
「え、何で知ってるん?」
「・・・」黙ってオレンジをどつくナス。


そこへ、ブラックが話し出します。

「あんな・・・俺、皆に言わなアカンことがあって・・・」
「え、何々?」
「ちゃう・・・ブルーに言わなアカンねん・・・」
「・・・俺?」



「あんな、ブルー・・・あの・・・



 俺・・・






 

 お前のこと好きやねん



えええええええ!?

「せやから・・・あの女と別れて?」

「ちょ、ちょお待って!俺もブラックのことは好きやけど・・・」

「だってお前・・・確かにあの子はすらっとしてて可愛いし・・・けど自分見てみ?・・・ずんぐりむっくりやん


ブラック酷すぎます。

「せやから・・・>「・・・っ、ブラックのアホ!」
殴りかかろうとするブルー。
「ブルー!手出したらアカンで!」
ナスに抑えられます。
悲しそうな顔をして駆け出すブルー。

そして残ったレンジャー達。
イエローがブラックに、

「何であんなこと言うたん・・・?愛する二人に容姿は関係ないんや!!
と言って殴りかかります。
ナスが止めようとしますが、ブラックに見事当たってしまいます。
痛そうに倒れ込んだブラック。
拳を握ってブラックを見下ろすイエローに、オレンジが語りかけます。

「・・・確かにブラックは・・・食べ物とかのことに関しては汚いけど・・・根はええ奴やん。だから今回のも、何か訳があるんちゃうかと思うんやけど・・・」
「・・・っ!」
駆け出すイエロー。それを「イエロー!ちゃんと話聞いて!」と追うオレンジ。

「・・・あーもう何でこんなことで・・・レッド、ちょおブルーの様子見てきて!」
「(頷)」
ゆっくりブルーの向かった方へ歩き出すレッド。
一旦暗転します。

右側(私から見て)の花道には、森本君率いる不良軍団のようなJr.達とブラック。
ブラックは土下座して森本君に頼み込みます。
「お願いします!アイツ今回本当マジなんです!あの女の子譲ったってください!」
森本「何言ってんの?」

思いっきりブラックを殴る森本君。
あ、この子も手厳しいな

それでもめげないブラック。今回めっちゃいい人です。
「お願いします!」
森本「しつこい」
再度殴られるブラック。
もう一発殴られるかと思ったその時、

森本君とブラックの間にオレンジが立ちはだかります。
しかし、オレンジも殴られてしまいます。
倒れこむオレンジ。

森本「・・・行こうぜ」

不良軍団退場。

ブラックを助け起こすオレンジが言います。

「・・・イエローの言った通りやったな・・・」
「イエロー・・・?」
「ほら、イエロー」

イエローを呼ぶオレンジ。
すると、体育座りのイエローが。

体育座りのイエローが。

体育座りのイエローが。



何この可愛い子ーーーーーーーーーー!!(萌)

そしてそして、イエローとブラック仲直り。
握手します。何だか知らないけどめっちゃくちゃ萌えます。
「ごめん・・・」と謝るイエローに、「お前やって・・・さっき殴ったん本気やなかったやろ?」と返すブラック。
微笑んで見守るオレンジ。

ああ可愛い。(何


そして、ブルーとレッドの場面へ。
ここら辺ざわついてて台詞よく聴こえなかったです 汗
そして、「この星が輝く理由」を歌いだすレッド。
excite!!でお馴染みの前奏が流れ、あーここからすばちゃんの美声が・・・vと思っていたら、オペラ歌手のような声で歌いだすすばちゃん。
分かりにくいと思いますが、声的に千の風になってみたいな感じで 笑
感動の場面のはずだったんですが笑いまくりました(ブルーも笑ってた)

そして歌い終わると、ブルーの背中を押すレッド。
その先にはレンジャーが。
駆け出すブルー。



オレンジに抱きつきました。





山田あああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!(死)
どこまで仲良しなんですか貴方達・・・って感じの抱擁。あれは凄い(何が


そして皆に謝ったりするブルー。
すると、メインステージ反対側にまたしても影が2つ。視線を移す∞レンジャー。


うん、手厳しいカップル登場です。 ←
女の子に話しかける森本君。

森本「・・・お前、さっさとケリ付けて俺のとこ来いよ」(退場)


無駄にカッコいい。

eighterも思わず歓声。だって凄いんだよ本当。
そしてその様子を見て、ブルーが呟きます。



「アイツもちっちゃいやん・・・」


まだ根に持ってたらしい。笑
そして、女の子が一人になるとレンジャーがブルーの背中を押します。

「ほら!ケリ付けて来い!」
「一発ビンタかましたれ!」
「手出したらアカンよ!」(どこまでも優しいナス)

何度も振り返りながら女の子に近づくブルー。
一度大きく頷いて、女の子に話しかけます。


「・・・お前、他にも男居ったんやな・・・」
「違うの!あれは誤解で・・・」
「・・・ふざけんなや!!」
「きゃっ・・・!」

平手で殴ろうとするブルー。
・・・でも、その手は女の子の顔の横で止まってます。
挙げた手を下ろし、俯くブルー。

「・・・やっぱ俺・・・女殴れないっす!」(何故かこんな口調だった)

駆け寄るレンジャー。
代わりに平手を!ってレンジャーはナスが抑えます。

「手出したらアカン!!」

どこまでジェントルマンやねん

「ええねん!お前はそういう優しさを持って生まれたんや!」

慰めるメンバー。あああああああ混ざりたいいいいいい ←
そして、落ち着いたブルーが女の子に向かって言います。

「俺・・・ちょっとの間やったけど・・・めっちゃ幸せやったから・・・幸せに、なってな?」

女の子「うん!あんたも、幸せになりなね!(めっちゃ爽やか)」


「お前が言うなや!!」

そして、ナスがどついた
「お前が手出すんかい!」とツッコまれていると、


女の子「あはははははははははははははははは(壊)」


木寸 ネ申 壊 し た 。
そんなこんなで「ありがとう」へ。←
間奏部分?で、ブルーが皆に向かって「ありがとう」って言います。
最初レッドに言うんですが、「ありがとう」って頭下げた瞬間に、


レッド前屈。(=要するに謝ったの見えない)


そして更に前屈しようとするレッド。
「それ以上やったら折れるわ!」とナスに止められようやく頭を上げます。
そして、何事も無かったかのように「え?ブルー今何言ってたん?」と聞き返すレッド。
ああもう鬼畜すぎる。 ←
そしてもう一回同じことを繰り返します 笑

その後「ナスにも言うときー」と言われるブルー。
「ナスは体柔らかいからきっと上手いで!」

eighter期待しまくり。

そしてとうとうナス前屈。


折り畳み携帯みたいになってる。

本人達も「携帯みたいや!」って笑ってます 笑
っていうかこの辺のレポ支離滅裂だなー ←

最後にブラックが、
「今までも、これからも、ありがとーーーう!!!」って叫んでレンジャー終わり。




滅茶苦茶支離滅裂でごめんなさいorz
これでも頑張りました! ←
後半は明日UPしようと思います。
ほなおつ★

本当ごめんHさん、一話目撮れてなかったどうしようどうすればいい・・・?(私信/font>)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
魂行ったンや(´v`)
良いなあ~
レポ楽しかったよ★

うざいやろ…
もう絶対来るなって感じ

はがれました ←

都会なのかな…? 笑
良くわからンけども 笑

あーせやンな 笑
たっちょンとかじゅンのを越したら
やばいことになりますね 爆

良いよ(・ω^)
2007/05/08(Tue) 20:35 | URL  | Re!赤'`★錦 #RSx9Hk0E[ 編集]
おどろいたよう!! ←
でも更新されてて嬉しかったった、★

熊さんカワイイよね(*ノノ)♪
うちも好きよ(∀)

てか魂羨ましいよ><
うちの部活の先輩が横アリに
グッツ買いに行ったッて言ってた!! ←
2007/05/08(Tue) 23:55 | URL  | さわ子 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。